●スポンサードリンク

カウンタック ショートエッセイ

1975_lamborghini_countach_lp400_left_side_intake_and_rear.jpegそのクルマは、観衆に衝撃を与えた。クサビ形の思い切り低く広いボディは、未来からきたクルマのようだった。

今もスーパーカーの代名詞的存在である「ランボルギーニ・カウンタック」。車名はランボルギーニ社があったピエモンテ地方の方言で、驚きを表す感嘆詞に由来する。

カウンタックの独特のスタイリングを手がけたのは、当時ベルトーネに籍を置きこの後さまざまなスーパーカーをデザインした鬼才、マルチェロ・ガンディーニ。

フロントノーズとフロントウインドーはほぼ一直線にたちあがり、一部だけ開くサイドウインドー、バックミラーにはペリスコープ(潜望鏡)を採用していた。ドアは前端をヒンジに上方に跳ね上がって開いたのだった。

カウンタックが登場したのはジュネーブ・ショーであった。プロトタイプで悩まされたオーバーヒート対策としてリアまわりにダクトを増設。4リッターのV12はミウラのものと基本的には同じ。

ミッションはエンジンの前方にマウントされるというドライブトレインのレイアウトも独特。可能な限り巨大なV12気等エンジンをコンパクトに収めるための工夫である。

プロトタイプでは前衛的だったインテリアは、多少は一般的?にアレンジされた。インパネには、メーターが並ぶ。「カウンタックに乗っている」という楽しみ以外は、パッセンジャーに快適性はないのだ。

カウンタックはLP400から、LP400S(77年)、LP500S(82年)、5000クワトロバルボーレ(85年)、アニバーサリー(88年)と進化を続けるが、その斬新なスタイリングはほとんど変わらなかった。

90年にディアブロにバトンタッチするが、スタイル、パワートレインなど基本的にはオリジナルカウンタックを踏襲している。スーパーカーの王者は今もなお“カウンタック”なのである。

●スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マンガ:カウンタック
Excerpt: カウンタック 2 (2)/梅澤 春人 ¥530 Amazon.co.jp YJに連載中の人気漫画「カウンタック」です、週刊誌でちょっと 立ち..
Weblog: CALIB AUTO
Tracked: 2006-12-23 16:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。